『メリダとおそろしの森』1/2

 

見出し:

・お転婆王女メリダが立ち向かうファンタジーアドベンチャー

・何より自由を求める王女メリダと立派な王女に育てたい王妃エリノアの愛と冒険ファンタジー

・森の掟が破られたとき、運命が変わり始めた。運命に立ち向かう王女メリダのファンタジーアドベンチャー

 

2012年7月に日本で公開された、ピクサーが贈る家族の愛と絆を描いたファンタジーアドベンチャーが、『メリダとおそろしの森』です。

この作品は、第85回アカデミー賞長編アニメーション映画賞を受賞しました。また、第70回ゴールデン・グローブ賞アニメーション作品賞も受賞しました。

 

古代スコットランドには精霊に守られた神秘の森があり、そこにダンブロッホ王国がありました。

この王国には、王妃エリノアと王ファーガス、そしてその愛娘の王女メリダとメリダの三つ子の弟、ヒューバート、ヘイミッシュ、ハリスの家族がいました。

主人公の王女メリダは、男たちもかなわないほど弓を射るのがとっても上手で乗馬が大好きなお転婆な女の子です。

自由に生きることを望む女の子でもあります。そんなメリダの母親王妃エリノアは、王位継承者であるメリダを立派な王女へと育てるため、いつも厳しくしつけをして育てていました。

ありのままに自由でいることを望む活発なメリダに対して、「王女に必要なものは、気品と優雅さです」としつけるお母さんにうんざりするメリダですが、そんな中、母親エリノア王妃は、メリダの結婚相手を決めるため、領主たちの息子3人を候補者に選び、弓の腕を競い合わせる大会の開催を決定しました。

王国のために、優勝者とメリダを結婚させようと計画したのです。お母さんにも王家の伝統にも嫌気がさしたメリダは、その大会で騒動を起こしで台無しにします。

お母さんと口論した挙句、愛馬のアンガスに乗ってお城を飛び出してしまいます。自分らしく生きたいと自由を求めるメリダには、もうこのお城での生活が耐えられなかったのです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*