『モンスターズ・インク』

見出し:

  1. 起こってはいけない事件が発生、モンスターシティは大混乱!
  2. モンスターたちが恐れるのは、人間の子供。そんな人間の子供がモンスターシティに現れた!
  3. “怖がらせ屋”のモンスター“サリー”と人間の女の子“ブー”が出会って始まるアドベンチャーファンタジー

 

モンスターズシティを舞台に巻き起こる一大事をドキドキ・ハラハラ描いた2002年3月に日本で公開されたピクサー映画が『モンスターズ・インク』です。

カラフルで個性豊かなモンスターたちが生きる世界にあるモンスターズ株式会社とは、モンスターズシティに電力を供給する大手電力会社です。この会社の電力の発電方法がとてもユニークで、その電力のもとになるのは、なんと「人間の子供の悲鳴」なのです。モンスター株式会社には、人間の各子供部屋につながるそれぞれのドアを保有していて、その数は膨大なものです。またこの会社には、子供たちを怖がらせて悲鳴を集めるために大勢のモンスターたちが働いています。その中で、最も優秀な成績を納めて仲間から尊敬されているのが、全身を覆うきれいな青い毛が特徴の大きなモンスター、サリーです。巨漢なサリーが大きく口を開けて驚かすとたちまち子供たちは悲鳴を上げます。そんなサリーの親友なのが、大きな一つ目が特徴の緑のまん丸モンスター、マイクです。マイクは仕事でもサリーをサポートしていて、この2人は公私ともに大切な仲間で、名コンビなのです。ただ最近、子供たちはテレビやゲームの影響で、モンスターたちが怖がらせても子供たちは怖がらないケースも相次いで、電力不足が懸念されています。

ある日、会社の受付嬢で一つ目と蛇の髪が特徴のスリムなモンスター、セリアとデートに出掛けたマイクの代わりにサリーが事務処理のため会社に残っている時のこと、 サリーは人間の女の子が社内に入り込んだのを発見してしまいます。実は、これはモンスターの世界では大変な事件なのです。なぜかというと、このモンスターの世界では、人間の子供はとても危険なものとされて怖がられているからです。万が一子供に触れたら消毒をしないといけないほど、モンスターたちみんな注意いしています。だからサリーは大慌てします。でも、なんとかこの女の子を人間の世界に戻そうとマイクを巻き込み奮闘するのですが、そこから一波乱、二波乱、いやもっと!?色んなことが起こります。サリーとマイクは、この女の子にブーと名付けて仲良くなっていくのですが、一体何が起こってどんな結末が待っているのか・・・。エンディングまで何がどうなるかわからない展開、ぜひ、作品をご覧ください。子供だけではなく大人でも楽しめるストーリーです。

 

また、2013年7月には2作目の『モンスターズ・ユニバーシティ』が日本で公開されました。こちらは、サリーとマイクの大学生時代のお話です。優秀な“怖がらせ屋”になることを子供のころから夢見ていたマイクが、一生懸命勉強して憧れのモンスターユニバーシティという“怖がらせ屋”を養成する名門大学に入学するところからストーリーが展開していきます。この大学で、その後公私ともに大切な仲間となる親友サリーとの出会いも描かれています。今回も、大事件が発生しますが、「あきらめなければ夢は叶う」ということを信じて、マイクとサリーがどう立ち向かっていくのかがみどころの、冒険ファンタジーな作品です。

 

日本語吹替え版では、主人公のサリーの声は石塚英彦、マイクの声は爆笑問題の田中裕二が勤めています。また、『モンスターズ・ユニバーシティ』では、マイクの小学校の担任だったグレーブス先生の声を柳原可奈子が演じています。

 

ポップでカラフルな『モンスターズ・インク』のキャラクターたちのグッズもたくさん発売されています。ぬいぐるみや文房具もあれば、サリーの角のカチューシャや映画の中でモンスターたちに被られているモンスターズ株式会社のロゴが入った水色のヘルメットなどなど、ファンにはたまらない商品もあり盛りだくさんです。