『バグズ・ライフ』1/2

昆虫たちの世界にスポットを当てた、1999年3月に日本公開のピクサー映画が『バグズ・ライフ』です。

仲間から厄介者扱いされる不器用なアリのフリック、アリの国のピンチのために立ち上がる!

昆虫たちが生きる世界、アリの女王とその娘のアッタ姫によって統治されるアリの国があります。

毎年、アリたちは、アント・アイランドという島でバッタのホッパーたちの要求に従い、食料を集めホッパーたちに納めなければなりません。もしその要求に反すれば、ホッパーたちはアリたちの住みかを襲うと脅しているので、アリたちは要求に応えるため食糧集めに必死で働いています。

そんな中、みんなの役に立ちたいのに無器用で、いろんな発明をしては失敗ばかりな主人公、アリのフリックが、今度は食料を刈り取る機械を発明します。でもやっぱりフリックのやること、その機械もまたも不評に終わります。

そして、そのフリックが大失態を犯します。せっかくアリたちみんなが集めたホッパーたちへの食糧を誤って失ってしまいます。

そのタイミングで現れたホッパーたちは、自分たちの食糧がないことに大激怒します。これに端を発し、フリックは、ホッパーたちの脅威からアリの国を守ってくれる用心棒を探すため、一人で旅に出発します。

横暴なバッタ軍団 VS 働き者のアリ集団 + 元サーカスの昆虫たち・・・結末は!?

旅を続けるフリックは、念願の用心棒候補を見つけることができます。その候補になる者たちは、サーカス団を解雇された昆虫たちです。個性豊かなメンツを紹介すると・・・。

目の下のホクロがセクシーなてんとう虫のフランシスは、ピエロ・トリオの道化師でした。“レディ・バグ”と呼ばれることからメスと思われているけれど、オスのてんとう虫で口が悪いのが特徴です。

ギョロっとした目のカマキリのマニーは、手品師でした。昔は有名だったけど年を取った今はもうパッとせず観客からバカにされる始末です。

そのマニーのアシスタントをしていたのが、ブルーの鮮やかな羽を持つマイマイガのジプシーで、マニーの妻でもあります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*