「日本の人気アニメ(ワンピース、進撃の巨人、NARUTOの概要紹介」

今年2017年は、 日本で初めてアニメーション映画が公開されて100年を迎える「アニメ100年」の年です。日本アニメーションの創設者と呼ばれる3名、下川凹天、北山清太郎、幸内純一が、国産アニメーション映画を発表したのが1917年のことでした。

その後、時代と技術の発展と共に日本のアニメーションは進化してきました。その中で、日本でもお馴染みである人気の3作品『ワンピース』、『進撃の巨人』、『NARUTO』を紹介します。

『ワンピース』

ワンピース』は、1997年から「週刊少年ジャンプ」に連載が開始になったマンガで、現在も連載中の人気作品です。作者は、漫画家の尾田栄一郎です。同じ年に単行本の発売も開始になり、現在84巻まで発売されています。1999年からはテレビアニメーションが放映開始されました。現在もフジテレビ系列で毎週放映されています。そして、劇場版も公開されていて、2000年の第1作目からこれまで13作品が公開されてきました。さらに、DVD、ゲームソフト、スマホアプリなどの『ワンピース』関連商品や関連イベントも展開されています。

『ワンピース』のあらすじ

『ワンピース』は、大海賊時代、歴史上ただ一人グランドライン(偉大なる航路)を制した海賊王が残した「ワンピース(ひとつなぎの大秘宝)」を求めて、主人公ルフィ率いる「麦わら一味」がグランドラインへ出航する大冒険物語です。その大冒険の航路では、様々な敵が出現し麦わら一味の行く手を阻みます。次から次にめぐってくる危機に、絆と信念で乗り越えていきます。笑いあり感動ありの夢と冒険そして友情を描いたロマンあふれる物語です。

ワンピースの面白ランキングまとめ
http://www.manga-anime-hondana.com/

『進撃の巨人』

進撃の巨人』は、2009年から「別冊少年マガジン」で連載が開始になったマンガで、現在も連載中の注目を集める作品です。作者は、漫画家の諫山創で、この『進撃の巨人』がデビュー作となりました。単行本も発売されて、2010年に第1巻が発売されてからこれまでに22巻まで発売されています。2013年には、テレビアニメーションが放映開始になり、今年4月からはシーズン2の放映が開始になりました。

2015年には、劇場版が公開されました。またこの年には、実写版も公開され、主人公エレンを演じた俳優・三浦春馬をはじめ、水原希子、石原さとみなどそうそうたる俳優陣がキャスティングされました。劇場版も実写版も、前編・後編の2部構成になっています。DVDをはじめ、ゲームソフトやコラボグッズなど、こちらも関連商品多数発売されています。

『進撃の巨人』のあらすじ

『進撃の巨人』のあらすじです。時代は、巨人が支配する世界、人類は巨人によって滅ぼされそうになっていました。その巨人の侵略から逃れるため、巨大な三重の壁を築き平和を維持していた人間たちの中で、主人公の10歳の少年エレンは、この「平和」に違和感を持ち、まだ1度も見たことのない壁の外の世界に憧れを抱いていました。そんななか、超がつく巨人が壁を越えて出現し、人間の平和が崩壊されてしまいした。そこから始まる人間と巨人のバトルを描いたダークファンタジーな物語です。

『NARUTO』

NARUTO』は、1999年から2014年まで『週刊少年ジャンプ』で連載されたマンガで、作者は漫画家の岸本斎史です。単行本は、2003年から2015年までに全72巻が発売されました。2002年からはテレビアニメーションがテレビ東京系列で放映開始になり、『NARUTO-ナルト-』、『NARUTO-ナルト-疾風伝』、スピンオフ作品『NARUTO-ナルト-SD ロック・リーの青春フルパワー忍伝』と3シリーズ放映されました。劇場版も通算10作品公開されています。

また、今年4月から『BORUTO-ボルト-NARUTO NEXT GENERATIONS-』が放映中です。さらにDVDをはじめゲーム関連商品や『NARUTO』をテーマにしたラジオや舞台なども公演されていて、今なお人気が衰えません。

『NARUTO』のあらすじ

『NARUTO』は、忍術学校の問題児で落ちこぼれの主人公、うずまきナルトが歴代の勇者、火影の名を継承して先代を超える忍者になることを夢に、仲間と共に数々の試練を乗り越えて忍者として一人の人間として成長してく物語です。

まとめ

今回紹介した3作品どれもが、日本国内はもとより海外でも高く評価され人気がある日本アニメーションです。また根強い長い人気があります。このように今後も日本アニメーションが海外でも受け入れられ益々知名度を上げていくことを期待したいですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*