『カールおじさんの空飛ぶ家』Up 1/2

年老いた夫が亡き妻の夢を叶えようと挑む大冒険を描いた2009年12月に日本公開されたピクサー映画が、『カールおじさんの空飛ぶ家』です。3D版も公開されました。この作品は、第82回アカデミー賞長編アニメ映画賞・作曲賞を受賞しています。

最愛の妻との約束、78歳のカールおじさんは今冒険に出発した

最愛の妻エリーを亡くした年老いたカールおじさんは、たった一人になり、これからどう生きていこうか気を落としたままエリーとの思い出がたくさん詰まった家で暮らしていました。この家は、二人が子どもの頃初めて出会った思い出の場所でした。

幼少期のカールおじさんとエリーは、廃墟だったこの家で遊んでいて、そして、大人になって結婚をしました。結婚後、あの廃墟だった家を二人で一緒に修理して住み始めた、そんな大切な家でした。修理した家も年月が経って、所々ガタが来ていました。カールおじさんも足を悪くして杖をついての生活を送っていました。家もカールおじさんも一緒に歳を重ねていったのですね。町並みも昔とすっかり変わり、カールおじさんの家がある辺りは大きな開発工事が始まっていました。カールおじさんの土地も開発区域で、家を手放して新しい場所に移るよう言われているところでした。

長年育んだ夫婦の愛が、冒険について教えてくれた

そんなある日、玄関先に一人の男の子が立っていました。玄関を開けたカールおじさんに、ラッセルという名前のその男の子は「何かお手伝いはありませんか」と尋ねてきました。頼むことは何もないからと断るカールおじさんですが、ラッセルはまったくひるまず、同じ質問をし続けます。

ラッセルは、自然探検隊の隊員で上級探検隊員になるため、あと一つ足りない「お年寄りのお手伝いバッジ」を獲得するため、どうしてもカールおじさんのお手伝いをしたいのです。ちょっと面倒くさそうにカールおじさんはラッセルをあしらいます。

そんな矢先、開発工事の関係者といざこざを起こし、ついにカールおじさんは家を手放さないといけなくなります。家で一人、亡くなったエリーとの思い出を振り返っていたカールおじさんは、あることを思い出しました。それは、若かりし頃の二人が誓った夢でした。それは、南米の秘境にある伝説の滝、「パラダイス・ウォール」へ冒険に行くことでした。

これまでに二人で一緒にお金を貯めては突然の出費にその貯金を叩かないといけないという繰り返しで、とうとう夢を実現する前にエリーは病気になり亡くなってしまったのでした。

ついに決心したカールおじさんは、エリーとの思い出が詰まった大切な家と一緒にいざ冒険の旅に出かけるのです。無数のカラフルな風船をたくさんつけて、大空へ舞い上がっていきます。

『ウォーリー』2/2

大好きなイブを助けるため未知なる世界へ旅立ったロボットウォーリーの愛と冒険の物語

そんなウォーリーは、ある日いつもの通りゴミ処理の作業をしていると、また素敵なものを発見します。それは、1本の植物の苗でした。その苗木をウォーリーは大切に持ち帰り、家のコレクションに追加します。

毎日毎日同じ生活を送るウォーリーの目の前に、突然何かが現れます。それは、白く輝くきれいなボディのロボット、イブでした。ウォーリーは、一目見ただけでイブに恋します。夢だった誰かと手をつなぐこと、この夢を叶えられるチャンスかもしれません。

イブを誘って、今まで集めたコレクションを見せてあげます。もちろんあの大切なミュージカル映画のビデオテープや、最近収集した植物の苗も全部見せあげます。

そんな時、また突然の出来事が発生します。現れた巨大宇宙船にイブが連れていかれます。大好きなイブを助けようと必死に後を追うウォーリーは、イブを助けるため未知なる世界へ旅立ちます。そして、私たちもこれから何が起きるのか全く予測不可能な物語の世界に連れていかれるのです。この物語のエンディングはどこに行くのか、胸が熱くなる感動のストーリーです。

人間が見捨てた29世紀の地球、一人でただ働き続けるロボットウォーリーが教えてくれる愛と壮大な冒険のストーリー

会話できないロボットのウォーリー、物語の中で発する言葉は「ウォーリー」と「イブ」という名前だけです。それなのに、私たち観ている側をウォーリーの人柄や感情にどんどん引き込ませていくのは、ピクサーの愛と技術の高さに他ならないでしょう。

ロボットのウォーリーの感情を、ウォーリーのレンズのわずかな動きや光の加減で描くところなど、細部にまでピクサーのこだわりを感じます。ドキドキワクワク、楽しませてくれたり、悲しくさせたり、笑わせてくれたり、でもそこにちゃんとピクサーから私たちへ強いメッセージがしっかり込められています。DVDもすでに発売されていますので、ぜひウォーリーが教えてくれる感情と愛、そして壮大な冒険の世界を鑑賞ください。

『ウォーリー』1/2

ピクサー・アニメーション・スタジオが描いたロボットの純粋な感情と愛を通してその素晴らしさを私たちに教えてくれる感動のストーリーが、2008年12月日本公開の『ウォーリー』です。

第81回アカデミー賞長編アニメーション映画賞やゴールデングローブ賞アニメ映画賞など数々の賞を受賞しています。

「いつか誰かと手をつなぎたい」たった一人ぼっちで働き続けるロボットウォーリーの夢

29世紀、人間たちは、ゴミだらけにして汚れた地球を飛び出して、巨大宇宙船「アクシオム」で宇宙生活を送っていました。この「アクシオム」の船内では、まるで豪華クルーズ船のように何もかもが至れり尽くせりの生活でした。ロボットが24時間人間たちのお世話をし、たくさんのアクティビティとエンターテイメントが用意されていました。「ホバー・チェア」を使えば歩く必要もありませんでした。

 

一方、人間たちがいなくなった地球では、ゴミ処理ロボットたちが残された大量のゴミ処理を任されていました。しかし、そのロボットたちも次から次へと故障し、今ではただ一人のゴミ処理ロボットとなったウォーリーだけが働いています。700年もの間、毎日1人ぼっちで働き続けるウォーリーは、もうただのロボットではありません。まるで人間のように喜んだり、驚いたり、感動したりするのです。毎日ただゴミを処理していく中で、ウォーリーは楽しみを見出します。

ゴミの中から興味のあるものを見つけると家に持ち帰り、それをコレクションしていくのです。古いビデオテープもその一つで、大切な宝物です。そのビデオテープは、昔のミュージカル映画で、それを観たウォーリーは、その世界にあこがれていつか誰かと手をつなぐのが夢という、なんともいじらし一面もります。

そして、ミュージカル映画で人間が歌って踊るシーンを楽しそうにまねする、とても茶目っ気のあるウォーリーでもあります。ウォーリーには、この地球で生き残っている唯一の仲間がいました。それは、ゴキブリのハルでした。お互い会話はしないけど、気持ちは通じ合う大事な仲間でした。

 

『カーズ』Cars 2/2

第64回ゴールデングローブ賞アニメーション映画賞を受賞

2006年に公開された『カーズ』は、第64回ゴールデングローブ賞アニメーション映画賞を受賞しました。そして、2011年7月にはシリーズ第二弾の『カーズ2』が公開さらました。

本作品では、日本が舞台の1つとして選ばれています。マックィーンが滑走する日本、『カーズ2』の世界ではピクサーによってどう表現されているのでしょうね。また、今年2017年7月には、シリーズ第3弾目となる『カーズ/クロスロード』が公開予定となっています。『カーズ』シリーズファンのみなさんには、夏が待ち遠しいですね。

日本語吹き替え版

日本語吹き替え版では、ラジエーター・スプリングスの弁護士でモーテルのオーナーでもあるサリー・カレラを戸田恵子、同じくラジエーター・スプリングスの住人で明るく優しいメーターを山口智充、またフェラーリが大好きなタイヤ専門店オーナーのルイジをパンツェッタ・ジローラモが声で出演しています。このキャラクターたちもこのストーリーではなくてはならない存在です。彼らがどんな役割を果たしているのかも注目ください。

また、ピストンカップのレースを盛り上げる元ピストンカップチャンピオンでレース解説者のダレル・カートリップを福澤朗、実況アナウンサーのボブ・カトラスを赤坂泰彦が演じています。

そして、なんと人気キャラクターのメーターが主役に抜擢された『カーズトゥーン/メーターの世界つくり話』という短編作品が2008年に発表されました。計7作品制作されていて、『カーズ』とはまた違う愉快なストーリーを楽しめます。

また、おもちゃメーカーのタカラトミーからは、『カーズ』シリーズのキャラクターたちのトミカ(おもちゃの車)が発売されています。主人公のマックィーンをはじめ、キング、チック・ヒックス、ドッグ、メーター、ハイジといったお馴染みなキャラクターもラインナップされています。このトミカでレースごっこをしたりして『カーズ』の世界観を身近でも楽しめそうですね。

『カーズ』Cars 1/2

見出し:

・レースの王者の座目前の新人レーサーのマックィーン、彼は一体何を掴めるのか!?

・チャンピオンを目指すルーキーレーサーのマックィーンが大切なものを見つける心温まるストーリー

・王者を決めるレースは1週間後、王者候補の乗りに乗るマックィーンにピンチ!

実在する車をモデルに生み出されたキャラクターたち

実在する車をモデルに生み出されたキャラクターたちが生きる世界、そこで繰り広げられるドラマを描いた、2006年7月に日本で公開されたピクサー映画が『カーズ』です。

真っ赤なボディが特徴の主人公ライトニング・マックィーンは、無名の新人レーサーでした。そんなマックィーンが初めて挑んだ今シーズンのピストンカップ、その無名の新人レーサーは大活躍し始めます。一気に注目の的となったマックィーンは、シーズン終盤にはみんなの人気者へとなっていきます。

そんなマックィーンは、今シーズンのピストンカップ王者を決める最終レース「ダイナゴ400」に出場します。マックィーンにとって、ピストンカップ史上初の新人チャンピオンというタイトルを掴めるかどうかの大切なレースです。

そして、そのレースでマックィーンを含む3台が同着するという結果になります。同着した他の2台はというと・・・。1台は今シーズン引退のベテランレーサー、水色ボディのキングです。そしてもう1台は、挑むレースいつも2着、ライムグリーンのボディがトレードマークのチック・ヒックスです。この3台は王者を決めるため、再度、1週間後にカリフォルニア開催されるレースへ出場することとなります。

会場となるカリフォルニアへ出発したマックィーンは、その道中でアクシデントに巻き込まれ、ラジエーター・スプリングスという小さな田舎町へ迷い込みます。そして、そこからストーリーが思わぬ展開に向かい始めるのです。

このラジエーター・スプリングスで、ひょんなことから個性豊かな住人たちと関わりを持ち始めるマックィーンですが、マックィーンの願いはただ一つ、目前のレースで優勝しピストンカップ史上初の新人チャンピオンとなることです。

この夢を達成のため、マックィーンはこの先奮闘していきますが、その中で、今までに知らなかった大切なものを学んでいきます。マックィーンが学ぶ大切なものとは何か、それを学んだマックィーンはどうするのか、ぜひ作品を鑑賞ください。