『トイ・ストーリー』Toy Story 1/2

子どもたちが(もちろん大人たちも)知らないところでおもちゃたちが動き回って何だか色々巻き起こす、1996年3月に日本で公開されたピクサーアニメメーションが、『トイ・ストーリー』です。この作品が、ピクサーにとって初のフルCG長編アニメーション映画でした。

おもちゃの世界のドタバタストーリー

一家みんなでの引っ越しを目前に控えた小さな男の子アンディは、たくさん持つおもちゃの中で、昔ながらの木製カウボーイの人形、ウッディが一番お気に入りでした。ウッディとそのほかのおもちゃでカウボーイごっこをするのが大好きでした。そんなある日、アンディは、誕生日に最新型のスペースレンジャー、バズ・ライトイヤーをもらいました。ここから今回の騒動が始まります。

「人間にはひみつ」なおもちゃたちの世界へ

新入りバズは、いろんな機能を持って発売されたばかりのおもちゃで、ほかのおもちゃたちはバズに興味津々です。ただ、ウッディだけは違います。アンディの一番のお気に入りは自分だけど、その座をバズに奪われてしまうのではと不安だったのです。

心配していた通り、アンディはバズと遊ぶのに夢中になります。そんな様子を見て、ウッディはバズにライバル心を持ち始め、イタズラをします。そんな時、バズが窓から落ちる事故が発生します。

この事故について、まわりのおもちゃたちは、ウッディがバズを押して窓から落としたと誤解してしまいます。張り合うようになったウッディとバズですが、些細な出来事からこの2人は、アンディの隣の家に住む男の子、シドに連れ去られてしまします。

このシドは、おもちゃを改造していじめる凶暴な男の子です。さらに、そんな中、アンディたちが引っ越すときがやってきます。ピンチばかりのウッディとバズは、アンディの元へ帰るために奮闘します。

2人はシドから無事に逃げ出せるのか、どんな展開が待っているのか、ぜひ鑑賞ください。またウッディやバズ以外にも、かわいくてそれぞれ特徴が違うアンディのおもちゃたちがたくさん出てきます。こちらにも注目ください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*