『ウォーリー』1/2

ピクサー・アニメーション・スタジオが描いたロボットの純粋な感情と愛を通してその素晴らしさを私たちに教えてくれる感動のストーリーが、2008年12月日本公開の『ウォーリー』です。

第81回アカデミー賞長編アニメーション映画賞やゴールデングローブ賞アニメ映画賞など数々の賞を受賞しています。

「いつか誰かと手をつなぎたい」たった一人ぼっちで働き続けるロボットウォーリーの夢

29世紀、人間たちは、ゴミだらけにして汚れた地球を飛び出して、巨大宇宙船「アクシオム」で宇宙生活を送っていました。この「アクシオム」の船内では、まるで豪華クルーズ船のように何もかもが至れり尽くせりの生活でした。ロボットが24時間人間たちのお世話をし、たくさんのアクティビティとエンターテイメントが用意されていました。「ホバー・チェア」を使えば歩く必要もありませんでした。

 

一方、人間たちがいなくなった地球では、ゴミ処理ロボットたちが残された大量のゴミ処理を任されていました。しかし、そのロボットたちも次から次へと故障し、今ではただ一人のゴミ処理ロボットとなったウォーリーだけが働いています。700年もの間、毎日1人ぼっちで働き続けるウォーリーは、もうただのロボットではありません。まるで人間のように喜んだり、驚いたり、感動したりするのです。毎日ただゴミを処理していく中で、ウォーリーは楽しみを見出します。

ゴミの中から興味のあるものを見つけると家に持ち帰り、それをコレクションしていくのです。古いビデオテープもその一つで、大切な宝物です。そのビデオテープは、昔のミュージカル映画で、それを観たウォーリーは、その世界にあこがれていつか誰かと手をつなぐのが夢という、なんともいじらし一面もります。

そして、ミュージカル映画で人間が歌って踊るシーンを楽しそうにまねする、とても茶目っ気のあるウォーリーでもあります。ウォーリーには、この地球で生き残っている唯一の仲間がいました。それは、ゴキブリのハルでした。お互い会話はしないけど、気持ちは通じ合う大事な仲間でした。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*